本文へスキップ

1952年宣教開始  賀茂川教会はプロテスタント・ルター派のキリスト教会です。

日本福音ルーテル賀茂川教会タイトルロゴ 聖壇クロス

牧師メッセージpastor'S message


           
   「平和の君イエス」   

                      
大宮 陸孝 牧師    

              
  昨年のクリスマスに、のぞみ保育園年長組の子供たちの降誕劇を通して、「いと高きところには栄光、神にあれ、地には平和、御心に適う人にあれ」との天使のメッセージを聴きました。主イエス・キリストは平和の主としてこの世界にお生まれになった、これがクリスマスの本当の喜びであることを示されました。

 しかし、平和ほど誤解されやすくまた濫用されている言葉もありません。また平和ほど脆く、はかないものもないとも思います。1945年第2次世界大戦が終わる間もなく、朝鮮動乱が勃発し、それが収まったかと思えば今度は1955年から1975年まで、20年にも及ぶベトナム戦争、そしてアメリカとソ連の冷たい戦争が1991年のソ連崩壊まで続き、さらにドイツの東西分離が1992年ベルリンの壁崩壊まで続いて、それがようやく終わったかと思えば、今度は2003年3月から2011年まで中東のイラク戦争と続きました。そして、その間にもイスラエルとアラブの紛争があり、敵味方に分かれて未だににらみ合っています。このエルサレムほど、2000年以上も昔から戦場になり、流血の惨を味わった所はありません。そして、今年の2月ロシアとウクライナの戦争が始まってしまいました。毎日凄惨な戦場の様子が私たちの家庭に映し出されて、私自身、身も心も壊されて行くのを感じています。

 戦争を始める者はその戦争を正当化して、正義の戦いであることを主張します。ロシアのプーチンは自分は平和のための戦いをしているのだと主張し、世界平和のために祈るとまで言っています。しかし、聖書は繰り返し繰り返し、正しい戦争などあり得ないことを私たちに告げます。

 なによりも私たちは、私たち人間がどんなに正しいことを行っていると自分で思ったとしても、その心の中はどろどろした身勝手な自己中心の思いから出ているのであり、それによって傷つけられている人々が大勢いるのだということ、多くの場合そのことさえ気づかずに自らのみを正しいと思い込んでいるだけであることを十字架の主を仰ぐ時にしみじみと身にしみて知らされるのです。
 主イエスはどのような意味で平和の主なのかを次のように言われます。「あなたがたが、これらのわたしの兄弟たち、しかも最も小さい者たちのひとりにしたのは、わたしにしたのです」(マタイ福音書25章40節)私が人を傷つけながら生きていると言うことは、とりもなおさず主イエスの御心を傷つけながら生きているということなのです。神の御心がわからないで、自分勝手な生き方をしているそれを罪というのです。その的外れな生き方の延長線上に戦争があるということになります。このままいけばいずれは人類は自らの罪の故に滅亡する。そのことを聖書は何度も何度も私たちに警告しているのです。

 それだけではなく、主イエスはその滅びに至る私たちの的外れの結果を自ら引き受けて私たちの身代わりとして十字架の死に赴かれたのだということです。そのことを私たちは「救い」と言っているのです。そのことに気づかされてはじめて、私たちがこの神の救いの働きに深々と頭を下げる姿勢が生まれてくるのです。

 自分を犠牲にして他者を生かす。主イエスはそういう意味で平和の主なのです。平和の君イエスは、自分は傷つけられ、傷つけられつつなおも、どこまでも深くわたしたち小さい者、不完全な者、傷ついた者、苦しみの中にある者、悩める者、病気を患っている者を、愛と憐れみと慈しみの心で包んでくださり、癒やしてくださる方なのです。私たちの自己回復の道はこの方の愛のもとにあるのです。 
             

                      2022年5月1日


*バックナンバーはこちらへ。

このページの先頭へ





大宮牧師写真



information


日本福音ルーテル賀茂川教会


〒603‐8132
京都市北区小山下内河原町14

TEL.075‐491‐1402


→アクセス